iphone7scase へようこそ! | 新規登録 | ログイン

iPhone 8 についての最新情報

iPhone 8 についての最新情報


イベント
iPhone十周年記念としてiPhone8は3Dセンサーを採用するニュースはみんなの期待が高まる。iPhoneの材料を購入するにつれて、本文はもとの予測で以下の新情報を更新する。


TFT液晶パネル:予測はアップするが、今はアップしないかもしれない。十周年記念としてiPhone8はOLEDパネルを採用し、解像度はFull HDと2Kの間で、ガラスのかわりに、フレキシブル液晶を採用。仕入先は台湾と韓国である。4.7インチと5.5インチの二つのスタイルのTFT液晶パネルに、予測はアップするが、今はアップしないかもしれないと予測するのは、他の部品は値上がりして、最終の値段が大幅値上がりしできないわけである。スクリーンのコストはトータルコストの20パーセントである。


ワイヤレス充電:採用すると予測する。iPhone8は背面ガラスを採用したモデルで、外観と材質の革新以外で、ワイヤレス充電のためである。今年は元々二つの対応方法があり、一つは数メートル離れた場所からの充電する。これは効率低いからやめた。もう一つは今開発中、発熱問題がある。昨年、アップルはiPhone 7にワイヤレス充電を採用は七月までずっと試していた。まだ二月で、今諦めると、ちょっと早すぎる。だから、今は発熱問題を解決している。


iPhone 8 についての最新情報


3Dレーザースキャナー:指紋認証は目的の一つである。アップルはスクリーンを大きくなるため、ホームボタンが消失、ところが、指紋認証はできず。本来のAuthenTecはunder glassになるなら、コストが高すぎる。アップルが3Dレーザースキャナーを採用するのは3D指紋認証技術を利用するため。今年、3D指紋認証技術とホームボタン一緒に採用するのは折衷案で、未来で、ホームボタンが徹底的に消失、クリーンを大きくなって、ユーザーより良い体験を提供する。


発売日:九月だと予測する。ある噂は前倒し発売、サプライチェーンは前倒し準備のわけで。昨年iPhone 7のサプライチェーンの準備が普通より後倒しにして、今年が昨年より前倒し準備しかもしれない。だから、九月だと予測する。



関連記事:

iPhone8の解像度はiPhone7より高い

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません

お知らせ
【1点買うと1点おまけ!!!】「iphone7scase.jpに改名しました!」